2008年4月20日 (日)

映画【大いなる陰謀】を観ました

大いなる陰謀】を観ました。原題は【Lions for Lambs】です。なぜ邦題を設けないといけなかったのか私には疑問です。むずかしい英語でもないのだから原題のままで良かったんじゃない?って思ってるのですけど。。。この邦題とトムクルーズの出演のせいでどれだけの日本人の観客が戦闘シーンの多い娯楽映画と勘違いして見に来ているかわかりません。私も勘違いしていました。見るまでトムの格好良いアクションシーンが見られるに違いない、って。

この映画は政治映画でした。考えさせられる映画です。答えはありません。あなたならどう考える?と問いかける映画です。

場面は、①ワシントンの次期大統領をめざす上院議員(トム)のオフィスの中で彼が今現在進めているアフガン侵攻の新作戦について女性ジャーナリスト(メリル・ストリープ)に語り、それに反抗の気持ちを抱きつつも冷静にジャーナリストとして彼とのやり取りをする場面

②ニューヨークの大学の教授(ロバート・レッドフォード)のオフィスで教授が最近授業に出てこなくなった優秀な生徒との面談の場面

③上院議員が仕組んだアフガン侵攻の作戦で不運にも雪深いアフガンの夜の山岳地帯上空で撃墜されて落下した2人の兵士(かつて教授が教えた生徒2人)がケガを負い動けないながらもアフガン側の兵士と闘う場面

の3つの場面がが同時に進みます。絶体絶命の2人の兵士の場面から急にニューヨークの大学教授のオフィスでの生徒と教授の会話のやり取りの場面へ、ワシントンの上院議員のオフィスの中のシーンへ移ります。同じ時間にそれぞれの場所でそれぞれに同時進行で生きるそれぞれの人生。現場(戦場)を知らない上院議員(トム)は自身の世論の支持を得るための作戦として兵士の尊い命すら利用しようとします。原題の【Lions for Lambs】の意味を考えてみました。力の強い動物の象徴であるライオンと力の弱い動物の象徴、生贄のイメージでもある仔羊。仔羊のためのライオンって。。この映画では私はライオンを政治を動かす大いなる力、仔羊をそれに翻弄される国民というイメージを持ちました。Lambs for LionsではなくてあえてLions for Lambsにしたのは何故?と思ったり。難しいです。もう一度ちゃんと観たいです。原題もこのストーリーも『深さ』を感じます。この映画は観た人が自問自答するための映画です。答えはどこにもありません。考えさせられる映画です。こういった映画は今のアメリカにも日本にも必要なのかも知れません。『硫黄島からの手紙』と同じくすべての人が立ち止まって考えるための映画だと思います。オススメの映画です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

映画【かもめ食堂】を観ました

Movie/かもめ食堂

前から私が【かもめ食堂】を観たいを言っていたからか夫がDVDを借りてきていることを今日帰ってから気付きました。夫は宴会があるし、お酒を飲みながらひとりで先に観ることにしました。

この映画を観て思い浮かんだのは『寛容』という単語と『人は変わる』という言葉でした。この映画の主人公(女性)はフィンランドで小さな日本食の食堂を開いて1ヶ月たってもお客さんは一人も来なかったのだけど、初めてやってきたお客さん第一号のフィンランド人の学生風の男の子に感謝のプレゼントとして無償で毎日コーヒーを提供する寛容さを持っています。偶然出会った日本人の観光客の女性2人は無償でお店の手伝いをする寛容さを持っています。捕まえた泥棒にすらおにぎりをご馳走する寛容さも持っています。主人公のお店の女主人はフィンランドで日本人が食べる鮭、梅干し、おかかのおにぎりをフィンランド人に提供したいというポリシーも持っています。女主人は来る日も来る日も来ないお客さんのためにテーブル拭き、グラス磨きを怠らず清潔を保っています。お店を手伝い始めた観光客の女性はおにぎりの具を現地の人向けに変えたらどうかと提案します。お店の女主人は考えた挙げ句、試しに作ってみることにしました。が、どれもおにぎりには合わなくて断念。。ある時、シナモンロールを作ってみようということになって作ってみるとその香りにつられてお客さんがやってきました・・・といった感じでストーリーはスローにまったりと流れていきます。

★思ったこと★

全体を通してBGMは少なく、起承転結らしいものもありません。でもなぜか心が癒やされる映画です。主人公の人を見た目で決めつけない、相手の意見、考えを否定しない、お店にお客さんが来ない毎日でも水泳に通う余裕を持ち、たまたま出会った暗い過去がありそうな日本人観光客を家に泊めて食事を提供してあげる寛容さも持っています。ゆったりと流れる時間。。。フィンランドの沈まない太陽の白夜は『不安』を連想させません。それぞれの人物に過去があるのだろうけど、それは問題ではなくて今をどう生きているかだけ。そして人は変わり続けているってこと。私もよく自問自答します。『私はどう変わったんだろう?』って。5年前の私なら、10年前の私ならどう思うんだろう?と何か考えることがあったときに思います。明らかに今の自分の考えと、10年前の自分の考えが違うことも同じこともあります。内容によっては5才の時の自分と今の自分が同じのこともあります。中学生の多感な時期の私が考えてこれが正しいんだ、これが正義なんだ、私の考えは一生変わらない!なんて思ってたことが今では全く違っていたりもします。映画の中で『人は変わる』っていうセリフがありました。今、私が考えて正解だと思っていることが10年後にはまったく違っていることもあるだろうな、って最近よく思います。人は不思議です。なぜか美空ひばりの歌の『人は可愛い~♪可愛いものですね~♪』っていう歌詞が思い出されました。

人は誰でも本当は寛容な自分でいたくても都会に住んでいると寛容になれない事情があるのかも知れません。この映画を観た人は『ほっとできる』とか『疲れがとれる』とか『ほのぼのした気分になれる』と言います。この映画で『疑似寛容』の体験ができるからなのかな。。。私がほとんど観ることのない邦画ですがオススメです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

『ハリー・ポッター(先行上映)』を観ました。

【コメント】

家で晩ご飯を食べてから三好のMovixへ『ハリー・ポッター』を観に行きました。夫がネットで先行上映のチケットをとっておいてくれたのでした。ハリーも他の同級生たちもみんなすっかり大人っぽくなってしまっていて。もともと大人の俳優たちは年の変化を感じないのですが、子供って本当に成長が著しい。。。内容は書けませんが、とても楽しめました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月30日 (土)

『ダイハード4』を観ました

ボサノヴァボーカルのワークショップが終わってから家に帰り、洗濯物やら布団やらを取り込んでから三好のMovixへ映画『ダイハード4』を観に行きました。夫が前夜のうちにネットでチケットを購入しておいてくれました。8時40分スタートの早めのスタートのレイトショーでした。『世界一運の悪い男』の例のジョン・マクレーンは相変わらずの恐れを知らない行動と悪運の強さには冷や冷やしながらも、安心して観ることができる楽しい映画です。今回の映画に出演しているサイバーオタクの男の子がなかなかいい感じです。名前も他に出てる映画があるか知らないけど、キアヌ・リーブスを感じさせるイケメン君でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

『スパイダーマン3』を観ました。

【コメント】

オールナイトで『スパイダーマン3』を観てきました。ストーリーはやっぱり子供用のマンガなストーリーなので単純です。今回はストーリーよりもスパイダーマン役(ピーター・パーカー)のトビー・マグワイア(かなり好き)と彼女役のキルスティン・ダンストの演技を観察しました。トビーの映画では『サイダーハウスルール』、『シービスケット』が好きです。彼の微笑みがとっても純粋な感じで好きです。すごく性格が良いに違いない!って思えてしまうのですが、彼に関する情報は無いので実際は不明ですが。。。あと、キルスティンについては、ヒロイン役が似合わないな、って思うのです。他にも最近は『マリー・アントワネット』を演じているんだけど、あの顔は西洋人にとって可愛いの??って思えてしまうのです。顔の骨格は日本人にもありがちな扁平だし、西洋人であんな八重歯って珍しくない?初めて見た気すらするのです。西洋人の八重歯って。20年くらい前の日本のアイドルでは人気だった八重歯は外国ではドラキュラをイメージするから受けいれられないって聞いたのだけど。。。などと思いながら綺麗な顔のトビーと八重歯のキルスティンを見ていました。未だにキルスティンって綺麗なの??と世界の人に問いかけたい気持ちでいっぱいです。スパイダーマン3は、何だか宗教的な香りもしました。心が怒りに満たされると黒い奇妙に動く糸みないなものが体に乗りうつろうとしていったんそいつが体に張り付くと体じゅうが覆われて、すっかり悪人になってしまうのです。この黒いモノからデビル(悪魔)をイメージしました。ピーターのおばさんが「いくら大切な人が殺されたからといっても犯人に対して怒りの感情を持ってはダメ。」って言うところといい。でも、ピーターが心が怒りに満たされて黒いモノに支配されかかっている場面の演技はとっても良かったです。すっかり人が変わってあのどんくさくて純粋なピーターがちょい悪の格好良い人になっていて。ちょい悪のトビーもとってもステキでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

アニメ『King of the Hill』を観ました。

キング・オブ・ザ・ヒル DVD-BOX 1 DVD キング・オブ・ザ・ヒル DVD-BOX 1

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2006/10/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日は夫が宴会でいないので、明日の晩ご飯の準備と洗濯を済ませました。最近、ネットで購入したアメリカのアニメ『King of the Hill』のDVDを観ました。アメリカのごく普通の中流家庭の日常を描いているアニメです。ドラマを見ているような感覚で楽しめます。私はこのDVDを英語の勉強のために購入しました。南部(テキサス)なまりの部分もあるのですが、英語字幕を表示しながら観ると速読の練習になるし、口語の言い回しの勉強にもなります。大人が観てニヤリと笑える映画で、とってもオススメ!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

映画『硫黄島からの手紙』を観ました。

この映画を観るまで、ワシントンのアーリントン墓地にあるあの有名なモニュメントが『擂鉢山(すりばちやま)』でのシーンであることをまったく知りませんでした。しかも、『硫黄島』という島の名前すら。アメリカ兵たちが星条旗を掲げているシーンは記憶にはあるのですが。。。この映画、かなり良かったです。この映画を日本人ではないアメリカ人のクリントイーストウッドが監督したということも驚きでした。彼がこの映画を作ったことに意義があると思います。もし日本の監督が作った日本の映画だったとしたら日本人しか観ことの無かった映画だったかもしれないのだから。栗林中将を演じる渡辺謙さんの演技は完璧でした。が、中村獅童もかすむ程に上手い演技をする役者の存在があったのでした!彼の演技が渡辺謙を超えているとすら思いました。私は全く知らない顔だったので、こんなに素晴らしい演技ができる日本人がいたのか!何故、日本の映画やドラマに出ていないのか?!と思ったのですが、大きな勘違いだということを帰宅後にネットで調べて知ったのでした。西郷という一番下っ端の役に立たないやる気のない兵士を演じたのは、二宮和也です。映画を見終わって映画館を出るときに「あの西郷を演じた人って誰なんだろう?すごい上手い演技だった。」と夫に言っていました。ネットで調べると、ジャニーズの嵐のメンバーの一人だと言うことを知って。へっ?!って拍子抜けしてしまいました。写真には髪があっていかにもジャニーズ系。しかも何か見たことあるし。。。あの映画の中に出てくる西郷とは結びつかないのです。知らずに見たことが良かったのかもしれないって思いました。が、彼にあの演技ができるということは、彼はすごい才能があるのかも。人は見かけによらず。無感情・無表情の西郷が初めて泣くシーン。涙をポロポロと流すシーンや顔をぐしゃぐしゃにして泣くシーンなど、もう映画の内容のことを忘れてこの役者の才能のすごさに感心することに意識が集中してました。戦争はどんな人間も狂わせてしまう。狂った人間たちの世界が『正』としてその世界に一人の正しい人間がいる場合、一人の正気の人間は『悪』の存在になる。戦争は人を狂気にしてしまう。殺さなくていい人間を殺し、死ななくてもいいのにすすんで死ぬことを選んでしまう。国民全員にそれを『正』なのだと洗脳してしまう戦争の恐ろしさ、愚かさを教えてくれる映画だと思います。この映画は戦争体験者がいなくなる近い将来、戦争の愚かさを忘れないためにも人類がずっと観続けていかなければならない映画だと思いました。人は忘れやすい生き物なのだから。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

映画『ワールドトレードセンター』を観ました。

ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2007/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前日に公開されたばかりの『ワールド・トレード・センターを観ました。映画が始まってすぐに(15分くらいに思えた)ワールドトレードセンターがテロにあった場面が始まりました。あとは、救出に向かった警察の一団が建物に入ってすぐにビルが崩れて埋まってしまい。。。というスピード展開でした。あとは、助かった2人が救出されるまでの2人の会話のやり取り、心の動き、正しい安否情報が得られない家族の気持ちとかがほとんどを占めていました。この映画からはテロのことは語られず、普通の生活をしていつも通りに仕事に向かったある警察官が救出されるまでの感動のストーリーです。セリフにもあったのだけど、「これは戦争だ。アメリカが攻撃にあったのだ。」と。アメリカ本土が初めて他国に攻撃されたのだから確かにそうなのでしょう。私の感想は感動ストーリーなだけにぐっとくる映画だったけど、ただそれだけの映画かな、と。イラクではアメリカに攻撃されて建物の下敷きになって声を掛け合いながら励まし合いながら助けを何日も待って助かった人も死んでいった普通の罪もない人も子供もいたであろうし、昨日の日本のニュースでは転覆した秋刀魚漁船で想像を絶する荒れた海の中で絶望的な気持ちになったまま、家族のことを思いながら死の恐怖を1人真っ暗で冷たい大海原に孤独と恐怖に戦い漂っていた人もいたでしょう。それらも映画にしたら感動のストーリーになるでしょう。ワールドトレードセンターだったから特別な話というわけでなく、どんな人でもどんな設定でも同じ平等な命なわけで。戦争ではワールドトレードセンターの何倍もの人の命が死んでいてもニュースでは『今日は約100人が死亡』って5秒で言っておしまい。それぞれの命、経験、思い出、悲しむ家族のことは伝わらない。なぜだろう、私はなんだか胸騒ぎを感じました。アメリカはお金があるし技術もあるから映画にして世界中にテロの悲劇を訴えることができたけど、アメリカが攻撃している貧しい国で死んでいく人たちは映画にならない。この不平等は何?アメリカは戦争中の国なのに兵士が遠い敵国へ行ってるし国民はは戦争の恐怖を感じなくていいし、食べ物は捨てるほどあるし何も変わらない生活を続けている。この状態自体が私にとって違和感を感じるのです。強い国とはここまで余裕になれるものか。。。この映画にテロについてのことが語られなかったのは私のように胸騒ぎを感じた人からの批判を避けるためだったのかな。だから助かった2人の感動ストーリーにしておいたのかと、ふと今思ったりして。現在他国を攻撃していない日本が『広島・長崎』の映画を作って世界に伝えるのはいいのだと思うのだけど。。。

【追記】ニコラス・ケイジの演技は素晴らしかったです。フェイス・オフの彼が演じる凶悪犯の役も、顔を交換された後の中身はジョン・トラボルタ、顔はニコラスという設定で刑務所に潜入した時のニコラスの演技は観てる側も本当に顔はニコラスだけど、中身はジョンだと錯覚に陥るほど彼の演技は素晴らしかったし。今回の映画では人付き合いが悪く真面目だれど出世はできなかった暗い警察官の役で、ほとんど顔だけの演技という場面だったけれど、ニコラスの表現力はすごいな、と改めて思いました。可哀想な役もとってもハマっていました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

今晩は食事なし。(夫が宴会のため)

スタンドアップ 特別版 DVD スタンドアップ 特別版

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/06/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画『Stand Up』を観ました。この映画は、暴力夫と別れ、2人の子供を育てるために鉱山労働者として働きながら、男たちからの屈辱的な嫌がらせ、虐めをうけつつ、誰一人味方がいなくても逃げず、子供たちを育てるために男性社会の中で勇気をもって立ち上がって闘っていくシングルマザーの実話をもとに作られた映画です。この当時ではアメリカの田舎、日本の職場でもどこでも普通にあったような風景かもしれない。No!とは言えずに『諦め』ていた私たち女がほとんどだったのだけど、何もしなければ変わらない!と勇気を出して一人ででも闘うという女性が現れた!のです。同じ職場の女性にも邪険にされ、同じ町の住民からも奇異の目で見られ、勝てるはずのない裁判、変えられる可能性のない古い因習に一人で立ち向かっていく強い女性がいたのだなぁ。。。最後には一人で闘う彼女の強い意志に打たれた職場の人間、両親、町の人などと集団訴訟をおこすことができ、和解にこぎつけたのでした。彼女の勇気が世界じゅうの企業に影響を与え、歴史を変えることができました。やはり正義は勝つのですね。。。とてもよい映画でした。オススメです。

【ひとりごと】

映画は鉱山で働く女性の話だったのですが、ちょっと私としては考えてしまうことがあって。私の個人的な考えなのだけど、職場にもよるけれど、女が男と同じ量や質の仕事をすることは平等とは言えない思います。解剖学的にいっても男と女はつくりがそもそも違うし、機能も違ってる。同じように働くということは女のほうが男よりも負担が大きいことになって平等とはいえない。男女平等、女も男と同じく深夜残業。。。ホルモンバランスは崩れて世界中の働く女性が不妊症。出生率はどこまでも低下。。。こんなことを神さまは望んでいるとは思えないのです。強い女性が増えれば、仕事につけない男性も増えるし、浮浪者も増えるし、女に依存することに慣れて弱い男も増える。女性の社会進出はいいのだけれど、悪循環を作るような結果を生むものならば逆効果に思えてきます。現時点の私の考えだけれど、男は外に出て獲物を命がけで捕りに行き、女は洞窟で子供を育て、守り、夫の帰りを待つという原始の人たちの遺伝情報がいまだにすべての人の体に残されていて欲しいと願っているのです。男は戦場(職場)へ、女は子供を産んでしっかりと育てるという仕事をするべきなのだと思います。私には子供がいないので偉そうなことは言えないけれど。男には強くあってほしい。女は女の仕事をするべきなのではと近々思ったりしています。原点にかえって。。。

というわけで、女は鉱山で働くべきではないと思います。体をこわすし、肉体的に最初から男に負けてる。力仕事なので妊娠してもすぐに流産。こんな職場で女は働いてはいけない!!と思うのです。だったら、養ってくれそうな男に捕まえてもらえるように可愛い女になる努力をしよう!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

DVD『Crash』を観ました。

クラッシュ DVD クラッシュ

販売元:東宝
発売日:2006/07/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Crashを観ました。多民族国家アメリカ、ロサンゼルスで生きるアジア系移民、ペルシャ系移民、白人、黒人、ギャング、などいろんな人間がそれぞれに起こす問題を同時進行で映し出しています。久々に考えさせられる良い映画でした。人種差別、見た目や行動で人を判断したり、決めつけたり。でも、現実は思っていたのとはまったく逆の人間だったりして。人間は生まれて生きていく経験の中でいつの間にか無意識に先入観にコントロールされて物事を判断している動物なのでしょう。自分は差別を嫌って正義で行動していても、争いが起きた時に出てしまう自分の中に潜んでいた差別や偏見が飛び出したり。同じ人間でも違った人種(顔、色)のそれぞれの違った文化、歴史の中を経験してきた人間同士が同じ土俵(アメリカ)の上で生きていくということの難しさを感じました。サルの種類にもいろんな外見や行動をするものがあるように人間もいろんな色や顔や行動をするものがいて当然なのだけど。サルにできなくて人間だからこそできることは、自分とは全く違った相手のバックグランドを理解し、受け入れる努力、自分のことを理解してもらう努力を続けることなんだろうと思いました。

| コメント (0) | トラックバック (0)