2008年5月10日 (土)

焼きメレンゲを作りました

080510sweets_001

080510sweets_002

焼きメレンゲを作りました。卵白と砂糖だけで作る超シンプルなこのお菓子は超簡単でした。今日は乾燥卵白を使って作りました。卵白2個分くらいで100個くらい作れます。準備~焼き始めまで10分くらいです。が、焼き始め~焼き終わりまで3時間くらいかかります。。。超低温(110℃)で長時間焼くことで中までしっかり乾燥させてしまうのです。こうしてできあがったメレンゲは口の中ですぐに溶けてしまう綿菓子みたい。食紅で色をつけてみました。小さくてコロっとしていて可愛いメレンゲはとっても素朴な味です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

マドレーヌとアーモンドチュイールを作りました

080506sweets_002

久々にお菓子作りをしました。会社の同僚と一緒に二人三脚で作りました。今まで作ったことが無かったことが不思議なくらいの『マドレーヌ』と、けっこう作るの大変だった『アーモンドチュイル』です。

マドレーヌにいれたすりおろしたレモンの皮の香りが素敵です。本には型の7,8割くらいの高さまで生地を入れると書いてあったのですが、1個ずつ単独の型で焼く場合、多めに入れて型(紙)の先端からケーキが膨らんでいる感じくらいが見た目がいいと思いました。一度にたくさん作れる型の場合は本の通りでいいと思います。

問題はアーモンドチュイル。これは簡単そうに見えてコツがいることがわかりました。わかったことは、①生地を丸くスプーンで伸ばすときにかなり薄めに伸ばしてよい。②焼き加減を見て縁が焦げているくらい~全体がうっすらキツネ色くらいに取り出して天板の上にクッキーは乗せたまま(熱さをキープ。これがいちばん大事)麺棒に一枚ずつ乗せてクルっと巻く。次回はレモンやオレンジの皮をすり下ろしたものを少し混ぜて焼いてみたいです。

今回の反省を生かしてもう一度、いつか両方ともチャレンジしたいです。そういえば、マカロンもまだ未完成のままなのでこれも作りたい。。。今日は都合により晩ご飯なし!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

『マカロン』を作りました

080217sweets

先週に引きつづき、またもや『マカロン』を作りました。明らかに今回のほうが先週作ったのよりもマカロンっぽくてキュート。ピエもちゃんと出てる。生地を絞った段階で何だか成功の予感。今回は、前回の反省点や、実験してみたかったことを今回は試しました。(①~④)

①マカロナージュし過ぎない(泡を消し過ぎない:生地がリボン状に落ちるまで混ぜるのはマカロナージュし過ぎだと前回感じた)

②前回はレシピどおり解凍卵白(前日に冷凍して解凍させた水溶卵白)を使って泡立てたのを今回は濃厚卵白(割りたて)に乾燥卵白を小さじ1/2加えてメレンゲを作る

③粉末砂糖の量を160gから140gに減らす

④微細グラニュー糖の量を30gから20gに減らす

⑤前回は測りで卵白90g(卵3個分の卵白)をきっちりはかったけど今回は計量せずに卵3個分で作る

①~④の試みをしてみたところまったく問題なく出来ました。乾燥卵白は割りたての濃厚卵白を泡立てる時に安定したメレンゲが出来て割れにくくなるそうです。結果、50個中3個くらいヒビが入ったくらいでした。卵白の量も砂糖の量もアーモンドプードルの量もいろんな人のレシピによって様々。なので、計量しないで済むなら卵3個分でやればいいこと。あと、中に挟むクリームやジャムが甘いのでシェル自体の甘みを抑えたいってことで今回は砂糖全体量を190gから160gに減らしました。結果、問題なしです。

ただ、マカロンのシェルの表面の光沢はマカロナージュの工程で泡を細かく練ることで生まれるので今回のマカロンはふくらんでくれたけど、前回よりも光沢は減りました。マカロナージュの程度が光沢を左右する大きな要因だと思うのだけど、砂糖を減らしたことも影響しているのか、解凍卵白を使用しなかったことが原因なのかまだはっきりわからないので、次回は解凍卵白を使って砂糖の量も今日のままで試してみるつもりです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

【マカロン】を作りました

080211sweets_001

焼く前に生地を絞って表面を乾かしているところです。うまく焼けるのかなぁ。かなり自信なかったのですが。。。

080211sweets_002

このような出来上がりになりました。難しいと言われるマカロンを初めてにしては撃沈するほどではないけど、けっこう屈辱を味わいました。。。いろんなレシピを見ても自分で作っている間も久々のお菓子作りにしては難しさを感じなかったのですが、焼いてみると予想通りにいかず、何で。。。?と感じました。が、反省すべき点と次回はこうしようという点がはっきりわかったのでまたチャレンジするつもりです。

ピンクは前日に凍らせておいた卵白を解凍したものを使い(これが泡立てに影響大)、黄色の方は『乾燥卵白』という水を加えるだけで卵白液ができるという粉状の卵白を使いました。どうやら乾燥卵白は使えそうです。泡立ても問題なし。ただ、原料のにおいが感じられたのでバニラエッセンスを少し加えました。いったんしっかり泡立てた卵白を泡をつぶす作業(マカロネージュ)の加減がかなり重要な点だと感じました。マカロンは奥が深そうです。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

アップルマフィンを作りました

071104sweets

071104goods

だんだん寒くなってくるとやりたくなってくるのがお菓子&パン作りです。最近はまったくやってなかったのですが、何年か前は毎日のようにパン、マフィンなどを作ってた頃がありました。今日は久々マフィンです。それも初めて使う【フレキシパン】というシリコングラスファイバー製の型で。だいぶ前に買っておいたものですが、今日は初使用。油なしで生地を流し込んでもつっくかずにマフィンが外れます。シリコンなのでグニャグニャしていますが、手入れがとっても簡単だし、焦げないしかなりいいです!マイナス40℃~250℃の熱に耐え、2500回以上の焼きに耐えるそう。これからどんどん使いたい予感です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

Oat Meal Cookie(オートミールクッキー)を作りました

070216sweets_002

【材料】

  • 小麦粉…100g
  • ベーキングパウダー…小さじ1
  • オートミール…70g
  • クルミ…40g(粗く刻んでおく)
  • 砂糖…80g
  • バター…60g(柔らかくしておく)
  • とき卵…1個
  • バニラエッセンス

【作り方】

①バターを泡立て器でクリーム状になるまで混ぜる。

②砂糖を少しずつ入れて混ぜる。

③溶き卵を少しずつ入れて混ぜる。

④バニラエッセンスを入れる。

⑤クルミ、オートミールをいちどに入れてゴムべらで混ぜる。

⑥小麦粉とベーキングパウダーを合わせてふるいにかけながらすべて入れてから、ゴムべらで切るようにさっくり混ぜる。

⑦天板にクッキングシートを敷いて(必ず)⑥をスプーンですくって直径2センチくらいのボール状のまま乗せていく。全部乗せたらスプーンか指で軽くつぶす。

⑧170℃に温めておいたオーブンで15分くらい焼く。

⑨網に乗せて冷ます。

【コメント】

最近ハマって会社でのお昼ご飯に食べている『オートミール』を使ったクッキーです。簡単なので20分もあれば、準備~焼きはじめるところまでできます。今回はオートミールをそのまま入れたのだけど、次回はフライパンで炒ってからやってみようと思いました。(何となくそのほうが香ばしくなりそうな気がして)あと、レーズンを入れてもいいし、チョコチップを入れてもいいだろうな。次回はアレンジしてやってみます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

ロシアンティクッキーを焼きました。

070204sweets_001

【コメント】

本当は丸いコロコロしたクッキーなのだけど。。。バターの分量が多くて生地がしっかりまとまってしまったことが敗因かな。。。本当は生地はさらさらの粉状になって、それを丸く丸めるとちゃんと丸いままに焼けたと思うのです。まとまってしまった生地を丸くして天板に置いて焼いたのですが、みるみるうちにバターが溶けてドーム状の形になってしまいました。。。

【レシピ】

材料: (半分で30個くらい。残りの生地はまとめて冷凍)

  • 小麦粉     250g         ※粉砂糖適量
  • クルミ     90~100g
  • バター     150g(今日は200g使用)…マーガリンでもOK
  • 砂糖       80g
  • 塩       ひとつまみ
  • バニラオイル

    ① 小麦粉、粉砂糖、塩はふるいにかけておく。
    ② 室温に戻したバターとを泡だて器でクリーム状にしておく。ここにクルミを入れてまぜる。
    ③ 2に1を木べらで切るようにまぜる。(さらさらした生地になっている)
    ④ 2cm位のボール状にする、200度で15分焼く。
    ⑤ 焼けたらすぐ網にのせて冷ます。クッキーが冷めたら粉砂糖をまぶす。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

Sweet Potatoを作りました

070128sweets

【コメント】

以前は毎週末パンやクッキー、マフィンなどを作っていた頃があったのですが、すっかり遠のいていた手作りスウィーツを久々に作ってみました。スイートポテトは2,3回くらいしか作ったことはないのだけど初めて作ったような感覚でした。大変だったのは蒸したサツマイモを裏ごしすること。これさえ終えたらあとは混ぜて形を作って焼くだけ。失敗はしないレシピなだけに裏ごしは重要な点だと思います。これをするとしないとでは仕上がりはまったく変わるので手を抜かないでせっせと力を入れて裏ごしするべし!

【材料】(16個~18個)

  • サツマイモ…500g(裏ごし後)
  • バター…30g(溶かす)
  • 砂糖…60g
  • 牛乳…50cc~60cc
  • 卵黄…2個(上に塗る分として少し残す)
  • バニラエッセンス(バニラオイル)

【レシピ】

①サツマイモは切って水につけてしっかりアクを抜いておく。

②蒸し器でサツマイモを蒸したら皮部分を包丁で厚めにむく。

③サツマイモが熱いうちに裏ごしをする。(溶かしバターを用意しておく)

④砂糖、溶かしバター、卵黄(少し残す)、牛乳を少しずつ入れてちょうどよい固さになるまで混ぜ、バニラオイルを入れて混ぜる。

⑤オーブンを180℃に温め始める。④を30グラムくらいとり手でサツマイモの形を作る。

⑥卵黄に少し水を入れてハケでポテトの上に塗り、オーブンで15分~20分焦がさないように焼く。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

男前プリン(キャラメル風味)

_019

昨夜の『風邪に吹かれて豆腐屋ジョニー』は醤油が合わない豆腐だと感じました。

デザート向きなこの豆腐でキャラメル風味のプリンを作り、黒蜜をかけてみました。

結果・・・豆腐の味も残り、黒蜜とマッチした美味しいデザートになりました。成功!

次はマンゴープリン、杏仁豆腐などでも試してみたいです。

| コメント (0)