« 【シェ・シバタ】でお茶しました | トップページ | 鶏もも肉のトマトソース煮 »

2008年5月24日 (土)

スタッフ・ド・チキンウィング(手羽先ギョーザ)

080524dinner_001

080524dinner_002

【献立】

  • スタッフ・ド・チキンウィング(手羽先、鶏ひき肉、ニラ)
  • サラダ(レタス、サニーレタス、キュウリ、プチトマト、バジル、イタリアンパセリ)
  • 味噌汁(大根、エリンギ、ネギ)
  • ご飯(十穀米)

★初めて作りました。簡単、美味しいです!たまたまネットで『手羽先ギョーザ』という食べ物を見つけて食べにくい手羽先の骨を抜いて中にひき肉で作った種を詰めるというアイデアに衝撃を受けたのでした。どのレシピも中に入れる具は豚ひき肉を使っていてまさにギョーザの種と同じだったのですが、私はどうも腑に落ちなくて。。。鶏肉と豚肉を同時に口に入れる感覚がどうしても口の中で不協和音を感じそうなので、中に入れるひき肉は手羽と同じ鶏のひき肉にすることにしました。結果、やっぱり鶏が合ってました。味付けも作り方も私の考えたシンプルレシピで作りました。『スタッフ・ド・チキンウィング』というネーミングも私が作りました。手羽先ギョーザという名前はちょっと違うかな、と思って。そうそう、お酒のつまみにもぴったりです♪

【材料】

  • 手羽先…6本
  • 鶏ひき肉…100gくらい
  • ニラ…3~4本くらいをみじん切り
  • ショウガ汁…適宜
  • 醤油…大1
  • 酒…大1
  • ゴマ油…適宜
  • コショウ…適宜
  • 片栗粉

【作り方】

  1. 手羽は関節の部分を曲げてポキっと音がするまで折る。(脱臼させる感じ?)
  2. 手羽先でチューリップを作るのと同じやり方で骨を抜く。
  3. ボールに醤油、酒、ゴマ油、ショウガ汁、コショウを入れて骨を抜いた手羽先を入れて揉み込んで15分~30分くらい漬けておく。
  4. 手羽先を取りだし、タレが残ったボールの中に鶏ひき肉、にらを入れてよく混ぜる。(これ私のアイデア!種に味をつけるのにわざわざ別のタレを用意する必要なし!)
  5. 手羽先の中に4の種を入れる。
  6. 片栗粉をまぶして唐揚げの要領で揚げる。
  7. 揚げたてに塩コショウをふりかけて出来上がり。

★調べたレシピでは『手羽先にフォークなどで穴を開けて種を詰めたら口を楊枝で留める。』と書いてありました。楊枝で留める必要あるのかな?と思って実験してみました。ひとつは穴をあけて楊枝で留めるやり方、もう一つは穴をあけずに楊枝で留めないやり方で。結果、楊枝で留めた方はエイリアンが人間のお腹で育ってお腹が膨らんでお腹を破って飛び出すごとく膨らんだ手羽先が中身の行き場を失って真ん中部分から種が丸く飛び出しました。楊枝で留めなかったほうは何も起きずきれいに揚がりました。面倒なことはせずに成功することが証明されました!

種の具のアイデアも無限にあると思います。次回は青じそとかハーブとか、いろんなもの使って試してみたいです。


« 【シェ・シバタ】でお茶しました | トップページ | 鶏もも肉のトマトソース煮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107222/21147276

この記事へのトラックバック一覧です: スタッフ・ド・チキンウィング(手羽先ギョーザ):

« 【シェ・シバタ】でお茶しました | トップページ | 鶏もも肉のトマトソース煮 »