« 【シェ・シバタ】のケーキ3種 | トップページ | 【寿司 奴】にて晩ご飯 »

2008年4月20日 (日)

映画【大いなる陰謀】を観ました

大いなる陰謀】を観ました。原題は【Lions for Lambs】です。なぜ邦題を設けないといけなかったのか私には疑問です。むずかしい英語でもないのだから原題のままで良かったんじゃない?って思ってるのですけど。。。この邦題とトムクルーズの出演のせいでどれだけの日本人の観客が戦闘シーンの多い娯楽映画と勘違いして見に来ているかわかりません。私も勘違いしていました。見るまでトムの格好良いアクションシーンが見られるに違いない、って。

この映画は政治映画でした。考えさせられる映画です。答えはありません。あなたならどう考える?と問いかける映画です。

場面は、①ワシントンの次期大統領をめざす上院議員(トム)のオフィスの中で彼が今現在進めているアフガン侵攻の新作戦について女性ジャーナリスト(メリル・ストリープ)に語り、それに反抗の気持ちを抱きつつも冷静にジャーナリストとして彼とのやり取りをする場面

②ニューヨークの大学の教授(ロバート・レッドフォード)のオフィスで教授が最近授業に出てこなくなった優秀な生徒との面談の場面

③上院議員が仕組んだアフガン侵攻の作戦で不運にも雪深いアフガンの夜の山岳地帯上空で撃墜されて落下した2人の兵士(かつて教授が教えた生徒2人)がケガを負い動けないながらもアフガン側の兵士と闘う場面

の3つの場面がが同時に進みます。絶体絶命の2人の兵士の場面から急にニューヨークの大学教授のオフィスでの生徒と教授の会話のやり取りの場面へ、ワシントンの上院議員のオフィスの中のシーンへ移ります。同じ時間にそれぞれの場所でそれぞれに同時進行で生きるそれぞれの人生。現場(戦場)を知らない上院議員(トム)は自身の世論の支持を得るための作戦として兵士の尊い命すら利用しようとします。原題の【Lions for Lambs】の意味を考えてみました。力の強い動物の象徴であるライオンと力の弱い動物の象徴、生贄のイメージでもある仔羊。仔羊のためのライオンって。。この映画では私はライオンを政治を動かす大いなる力、仔羊をそれに翻弄される国民というイメージを持ちました。Lambs for LionsではなくてあえてLions for Lambsにしたのは何故?と思ったり。難しいです。もう一度ちゃんと観たいです。原題もこのストーリーも『深さ』を感じます。この映画は観た人が自問自答するための映画です。答えはどこにもありません。考えさせられる映画です。こういった映画は今のアメリカにも日本にも必要なのかも知れません。『硫黄島からの手紙』と同じくすべての人が立ち止まって考えるための映画だと思います。オススメの映画です。


« 【シェ・シバタ】のケーキ3種 | トップページ | 【寿司 奴】にて晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107222/20425842

この記事へのトラックバック一覧です: 映画【大いなる陰謀】を観ました:

« 【シェ・シバタ】のケーキ3種 | トップページ | 【寿司 奴】にて晩ご飯 »