« プーレペイザンヌ | トップページ | 【如水】でラーメン »

2008年4月13日 (日)

【人にやさしいコンサート2008】に行ってきました

今日はとても素敵なコンサートに行きました。豆乳、味噌で有名な【マルサン】が毎年主催しているというコンサートです。ネットで応募して抽選でペア500組が当たるというコンサートで高確率で当選するそうです。(友人がそういってました)でも!なんと!今年のこのコンサートに【中川晃教(なかがわあきのり)】が出演するということで、中川ファン(あっきーファン)がコンサート会場のZepp nagoyaに3時半から始まる整理券引き替えのために朝から長蛇の列を作っていたのでした。私と夫が2時ちょっと前に到着したときには既に中川ファンの長蛇の列が。。。長蛇の列の最後尾に並んで1時間半ちょっと待った甲斐があって前から4列目の席がとれました。このコンサートには中川以外にも何人かのアーティストが参加していました。私がこのコンサートでの大収穫①は【神部冬馬(カンベトウマ)】を知ったこと。パンフに神部冬馬の文字を見たときに、「あれ?冬馬ってひょっとしてトウマ?イルカの歌『冬の馬』のトウマ君のこと?」って思って友人にメールして聞いたら「そうだよ。」の返事が。とっても感激しました!私が中学生の時にすごく好きだったイルカの『冬の馬』っていう歌はイルカの息子の冬馬(トウマ)君のための歌なのです。♪馬の赤ちゃんはねぇ、生まれたらすぐにねぇ、自分で立って歩くんだよ。広い広い原野ではそんな風に強くなくちゃ生きて行かれないからなんだ。。。♪っていう歌詞を久々に思い出して心の中で歌ってしまいました。母親としてのイルカの息子への思いがとっても伝わる素敵な歌なのです。そんなイルカの愛情をいっぱい受けて育った冬馬くんと会えるなんて!しかもお母さんと同じシンガーソングライターになっていたなんて!もうとっても感動でした。彼はもう本当にイルカ譲りのほんわか温かい雰囲気に包まれていてアコースティックギターの技術も歌唱力も『遺伝』を感じました。本当に純粋で素朴で温かい人柄が伝わってきてとっても気に入ってしまいました。彼のオリジナルの曲とイルカの『海岸通り』を歌ってくれました。親子のジェネレーションギャップなどまったく感じなくてとっても自然に彼の曲になっていました。。。先月デビューしたばかりの冬馬くんを応援したいです。

大収穫②は【染谷俊(ソメヤシュン)】を知ったこと。彼もすごかった。。。え?尾崎豊?って思ってしまいました。彼の感受性の豊かさが歌とピアノの弾き方にあらわれています。ピアノは叩くように弾き、歌は叫ぶようにはき出すように歌い、歌詞の内容重視のためか文字数に制限はなく、喋るように早口でまくし立てて歌うような部分もあり。歌詞の内容、言葉の選び方に芸術を感じました。ピアノは子供の時からずっとクラッシックをやっていたそうですが何年か前に突然クラッシックをやめたようです。叩くように、しかも早弾きをするので音を外さないかヒヤヒヤしたけれど、長年やっていた人にそんな心配をする必要などまったくありませんでした。初めて知った染谷俊もとっても大注目したいです。25か26才くらいかな、って思ってたらなんと40才!とても見えなかった。。。6月14日(土)に名古屋ボトムラインで弾き語りライブがあるのでとっても行きたい!と思っているところです。

そして【中川晃教】ことあっきーとはこの前のコンサートで会ったばかり。今日はやはり中川がたくさん歌っていました。ピアノ弾き語りが多かったです。いつもの笑顔も可愛かったけど歌と歌の間のトークはやはり支離滅裂で可愛かった。頑張って盛り上げようと主催のマルサンを持ち上げるような内容の豆乳に関するトークが無理矢理っぽくて結局、うまくオチがつけないところがなおさら頑張ってるんだなってことが伝わってきてとっても好印象なあっきーでした♪

080413

コンサート代が無料のうえ、夫婦でこんなにたくさんの手土産×2までもらえました。マルサンさんどうもありがとう!毎日かかさず飲んでいる豆乳をたまにはマルサンにしようと思います!お味噌はマルサンにしますね♪


« プーレペイザンヌ | トップページ | 【如水】でラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107222/20211692

この記事へのトラックバック一覧です: 【人にやさしいコンサート2008】に行ってきました:

« プーレペイザンヌ | トップページ | 【如水】でラーメン »