« アジの塩焼き | トップページ | 京都で紅葉狩り(仁和寺) »

2007年11月23日 (金)

京都で紅葉狩り(龍安寺)

071123_005_2

071123_007

071123_008

朝の6時半に名古屋を出て京都へ紅葉狩りに行きました。まず最初に向かったのは、【龍安寺】です。ロックガーデンで世界中から賞賛されているといわれている石庭には15個の石が絶妙なバランスで配置されています。庭は狭めだし、石も適当に置かれているような印象だったのですが、素晴らしく芸術的な作品なのだそうです。たまたま隣に座っていた人の話が聞こえてきました。「この15という数字が意味深いんだよ。15は完結の数字なんだ。十五夜といい・・・」と言う感じで。この15個の石はどの角度からも一度には見渡すことはできないことから、『すべてを見て満足してはいけない』という禅の教えが隠されているということです。物事は完成した時点で崩壊が始まるという考えからわざと14個までしか見えないようにしていると言われてるそうです。この考えは私はとても共感できて好きです。不完全さの美を感じます。

龍安寺内に『吾唯足知(われただ足るを知る)』と刻まれた有名なつくばいがあります。贅沢を言っていてはいけないな。足りていることを感謝することが大切だな、って思わされます。


« アジの塩焼き | トップページ | 京都で紅葉狩り(仁和寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107222/9088895

この記事へのトラックバック一覧です: 京都で紅葉狩り(龍安寺):

« アジの塩焼き | トップページ | 京都で紅葉狩り(仁和寺) »