« またもや『ブランパン』でランチ | トップページ | 映画館帰りに『丸平ラーメン』 »

2006年12月16日 (土)

映画『硫黄島からの手紙』を観ました。

この映画を観るまで、ワシントンのアーリントン墓地にあるあの有名なモニュメントが『擂鉢山(すりばちやま)』でのシーンであることをまったく知りませんでした。しかも、『硫黄島』という島の名前すら。アメリカ兵たちが星条旗を掲げているシーンは記憶にはあるのですが。。。この映画、かなり良かったです。この映画を日本人ではないアメリカ人のクリントイーストウッドが監督したということも驚きでした。彼がこの映画を作ったことに意義があると思います。もし日本の監督が作った日本の映画だったとしたら日本人しか観ことの無かった映画だったかもしれないのだから。栗林中将を演じる渡辺謙さんの演技は完璧でした。が、中村獅童もかすむ程に上手い演技をする役者の存在があったのでした!彼の演技が渡辺謙を超えているとすら思いました。私は全く知らない顔だったので、こんなに素晴らしい演技ができる日本人がいたのか!何故、日本の映画やドラマに出ていないのか?!と思ったのですが、大きな勘違いだということを帰宅後にネットで調べて知ったのでした。西郷という一番下っ端の役に立たないやる気のない兵士を演じたのは、二宮和也です。映画を見終わって映画館を出るときに「あの西郷を演じた人って誰なんだろう?すごい上手い演技だった。」と夫に言っていました。ネットで調べると、ジャニーズの嵐のメンバーの一人だと言うことを知って。へっ?!って拍子抜けしてしまいました。写真には髪があっていかにもジャニーズ系。しかも何か見たことあるし。。。あの映画の中に出てくる西郷とは結びつかないのです。知らずに見たことが良かったのかもしれないって思いました。が、彼にあの演技ができるということは、彼はすごい才能があるのかも。人は見かけによらず。無感情・無表情の西郷が初めて泣くシーン。涙をポロポロと流すシーンや顔をぐしゃぐしゃにして泣くシーンなど、もう映画の内容のことを忘れてこの役者の才能のすごさに感心することに意識が集中してました。戦争はどんな人間も狂わせてしまう。狂った人間たちの世界が『正』としてその世界に一人の正しい人間がいる場合、一人の正気の人間は『悪』の存在になる。戦争は人を狂気にしてしまう。殺さなくていい人間を殺し、死ななくてもいいのにすすんで死ぬことを選んでしまう。国民全員にそれを『正』なのだと洗脳してしまう戦争の恐ろしさ、愚かさを教えてくれる映画だと思います。この映画は戦争体験者がいなくなる近い将来、戦争の愚かさを忘れないためにも人類がずっと観続けていかなければならない映画だと思いました。人は忘れやすい生き物なのだから。


« またもや『ブランパン』でランチ | トップページ | 映画館帰りに『丸平ラーメン』 »

コメント

 ニノ(嵐の二ノ宮君)は、あの世界の蜷川幸雄から”天才”と言われていますよ。あの、役者泣かせの蜷川さんからですよ。機会あったら「青の炎」見てみて下さい。来年8月中川主役の「エレンディラ」はその世界の蜷川さんの演出です。歌なしの演劇ですが、これまたピアノレッスン(アカデミー賞)の音楽部門受賞者のナイマン氏が音楽を担当します。これは、ものすごいことなんですね。そして、「エレンディラ」はノーベル文学賞の作家の原作です。やばくない?しかし、名古屋上演あるかは微妙…。

投稿: ナオミ | 2006年12月19日 (火) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107222/4584964

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『硫黄島からの手紙』を観ました。:

« またもや『ブランパン』でランチ | トップページ | 映画館帰りに『丸平ラーメン』 »