« いわしの塩焼き | トップページ | 『如水』にてラーメン »

2006年10月29日 (日)

白川郷へ行きました。

061029_002 061029_007

061029_013 061029_011

【コメント】

今朝は6時半に家を出て岐阜の白川郷へ行きました。9時半くらいに到着して白川郷をまわりました。古い茅葺きの家たちを見ながら、この場所だけでもいいからこれがずっとこの風景を保ち続けて欲しいなと思いました。茅葺きの技術をいつまでも引き継がれていって欲しいです。紅葉は真っ盛りとは言えなかったけれど、天気もよかったし、渋滞にもあわず、紅葉も見られてよかったです。

お昼ご飯は『蕎麦正』というお蕎麦屋さんで新蕎麦を食べました。コシがあって蕎麦の風味が良くてとっても美味しかったです。蕎麦の美味しさを知ったときから私は蕎麦を蕎麦つゆにつけて食べるよりも、半分以上はそのまま何もつけないか、塩を箸の先にちょっと付けておいて蕎麦を食べるという方法です。このお店にも塩でいただく方法の説明もあり、美味しそうな塩が置いてありました。蕎麦も日本から無くなって欲しくない芸術的な食事のひとつだと思っています。こんなに繊細で、職人の技術、素材の良さが素直に反映される食べ物も少ないだろうな、と思います。おいしい蕎麦を食べてとってもいい気分になりました。

この後、道の駅桜の郷荘川にある温泉に行きました。偶然入った温泉ですが、とってもゆったりできました。露天風呂から自然も見ることができるうえ、ジャズがかかっているのです。ジャズを聴きながらぬるめの露天風呂に入っていたらいつもよりも長く温泉につかっていました。特に、夜の露天でジャズはとってもいい気分だろうな。


« いわしの塩焼き | トップページ | 『如水』にてラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107222/4000504

この記事へのトラックバック一覧です: 白川郷へ行きました。:

« いわしの塩焼き | トップページ | 『如水』にてラーメン »